CUPBON造花盆栽オンラインショップ

そば湯の効果とは?

「そば湯」は健康にいい?

そば屋でそば湯割りを飲むのは、大人だわ〜。と思っていたのはほんの20年前…笑
高校生の頃、私は地元の美味しい蕎麦屋さんでアルバイトをしていました。
そばを食べ終わったお客様に「そば湯ください〜!」と言われ…そばの湯の効能もわからないまま出していました。
なんでゆで汁なんて飲むんだろう?挙げ句お酒に割って飲む飲んだくれの大人達…そば湯の味がわからない高校生には、不思議な光景でした。現在では、ダイエットブーム、健康ブームで、「毎日そば湯が飲みたい!」と自宅でそば粉を溶いて楽しむ方も増えてるとか…そんな人を魅了する「そば湯」。
今日は、しっかり「そば湯」の魅力について調べてみたいと思います。

具体的な効果

  1. 血圧上昇を抑え、高血圧症を予防
  2. 冷え性、肩こりに効果的
  3. 動脈硬化を予防・改善
  4. 血流サラサラ美肌・美容効果大!
  5. そば粉に含まれる植物性タンパク質は二日酔いにも効果あり!

起源

そば湯を飲む風習は信州(今の長野)から江戸に広まったと言われています。
もともとそばはバランスのとれた栄養食であり、また胃腸が悪い時にそば湯を飲む風習も信州では日常的な事だったようです。

蕎麦に含まれている主な栄養素

ビタミンB1
主に炭水化物の代謝を助けてエネルギーを産生するほか、筋肉疲労時にたまる乳酸の燃焼の働きがあります。
ビタミンB2
脂質の代謝を助けてエネルギーを産生、細胞の発育と正常な働きに欠かせないビタミン。また過酸化脂質を分解する働きもあります。
たんぱく質
筋肉や臓器、体内の調整に役立っているホルモンの材料となるだけでなくエネルギー源にもなっている必要な栄養素です。主にアミノ酸によって構成されています。タンパク質は、アミノ酸や、アミノ酸がつながったペプチドに分解されて体に取り込まれたあと、必要なタンパク質へと再形成されます。
筋肉が収縮したり、コラーゲンを合成したりするのを助ける働きがあります。鉄不足は貧血を招くうえ、筋力低下の原因にもなります。
カリウム
血圧の調節や神経の情報伝達に働きをします。ナトリウムに対してカリウムが不足することによる高血圧の恐れがあります。
ルチン
毛細血管を強化する働きがあることで知られています。毛細血管が丈夫になると弾力性が生まれ、血栓を防いで血流がスムーズになります。

そのなかで、特にビタミンは水に溶けやすく、茹でた時に蕎麦から出てしまう為、そば湯には多く含まれいる事になります。聞き慣れない「ルチン」という栄養素…実は摂らないっと勿体無い成分。乱れた食生活が原因で引き起こすっと言われている生活習慣病をルチンが予防する効果があるんだそうです。更に、ビタミンCと一緒に摂取すると相乗効果が高くなります。ビタミンCの吸収を円滑にし、ビタミンCの効果を高める作用があります。ビタミンCの機能強化は、コラーゲンの合成を促進します。つまりは、肌のシミやシワ、たるみを防いで肌の老化を予防してくれることを意味します。また、抗酸化作用が強く、免疫力を高める効果があり、風邪などのウイルス性感染症を防いだり、がんの予防にも役立つとされています。

続いてビタミンB1はリラックス効果、ビタミンB2は皮膚や粘膜を若返えさせる効果があり、そば湯を飲む事で生活習慣病予防になり、ストレスから開放され、若返る事が出来る。スペシャル栄養ドリンクという事になります。

美味しいそばをいただいた後は、そば湯で更に!健康をたっぷり味わいましょう。 ただし塩分過多に気をつけて、そばつゆは少なめに、できればそば湯だけで飲む事をおすすめします。 スーパーで買ってきた麺などは、そば粉100%では無いので、栄養価はそれほど期待できませんので… あしからず・・・