CUPBON造花盆栽オンラインショップ

 
 

トクサ

まっすぐ上に向かう姿に風情を感じる和の雰囲気 砥草-トクサ-
「トクサ」の名前の由来は、茎の表面には珪酸が含まれ、ザラザラしており研磨剤として使われたことから「トクサ(砥草)」と名付けられました。
別名である「ハミガキグサ(歯磨草)」は、かつて茎を歯磨きの代わり使われていたそうです。
強い日差しは、苦手です。夏場の西日や直射日光が当たらない、明るい日陰で育てるのがポイント。
また、本来は湿地を好むので苔との相性も◎。
まっすぐ上に向かって生長するトクサの姿にぴったりな花言葉「率直」。
いつでもありのままの自分でいたいと植物の姿からパワーをいただきましょう!